プロフィール

孔明丸kouちゃん

Author:孔明丸kouちゃん
ささき釣具店ブログへようこそニャ!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ささき釣具店カウンター

いまいま~す

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
22388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
2046位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

宮城県・石巻潮時表

月別アーカイブ

リンク

本日の運勢は?!


お魚神経衰弱


検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆------アイナメ 3 ------☆

魚の側線ですが、
この下には水流の変化や振動、
音響などを感じ取るセンサーの働きをする器官があります。



第三の目などとも言われます。



アイナメにはこの側線が5本もあるので、
かなり敏感なのだろうと思われていましたが、
最近の研究で
4本は飾りに過ぎないことが分かったそうです。




アイナメは出歩く習性がなく
気に入った穴に、
日がな一日、じっとしています。




餌を探し回ることもしないので、
このアイナメをうまく誘い出すのが
(コズキ)が腕の良さとなります^^




側線を刺激する振動や
餌の誘い方をイメージして
トライしてください。






本日のkouちゃん
うがぁ
kouちゃんは
猫じゃらしで釣れます
↓ポチッとよろしくニャ


スポンサーサイト

☆---- 魚の餌の反応 ----☆

☆--------- 魚の餌の反応 ---------☆


仲間が釣られれば、危険が判る筈なのに、
魚はどうして餌に近づくのでしょうか?


魚に限らず、生きるために
餌を食べなければいけないのだから
本能のおもむくままなのでしょうか。


これを調べようとしたアメリカの
生物学者がナマズを使って
実験をしたそうです。


すると、ミミズと牛の肝臓に一番反応を示したそうです。
そして、味覚ではなく、
嗅覚に対する反応であることがわかりました。


ナマズの味覚反応である
ヒゲを切り取っても反応し、
鼻の穴を縫い合わせると
反応しなかったなどの実験からの理由です。


それでもまだ、
はっきりした結果は得られてはいません。


未だに海の中と宇宙は神秘でいっぱいですね…。


バークレイ ガルプシリーズ
マルキュー パワーイソメ は、

魚の好きな香りを追求した商品です*^-^*
無題

berkley_gulpsw_sandworm4isomeminibag_main_img.jpg


冬の魚が (°)#))^)))< (°)#))<< ∈( ゜)◎( ゜)∋美味しいのは

明日は、
久々に良い天気の様です*^-^*



今年の冬は
低気圧通過の周期が速く
しかも寒い…ですね^^;



ところで、冬の海が荒れるのは、
実は台風と同じで大切なことなのです。



海底のプランクトンが
海面へ押し上げられたりなど、
冬は魚の栄養豊かな季節となります。



冬に成長する魚が多いのは
こういう理由からだと言われています。



最も寒いこの時期は、
船もガラガラですので、


竿も2本出せますので
(一本は電動リールでお願いしております。)


栄養豊富なこの時期の
冬のメバル・アイナメをぜひ釣っていってください。


そして海が荒れたら、
魚達が丸々と太っていくのだと
想像してみてください∈( ゜)◎( ゜)∋





↓ポチッとよろしくニャ

<アイナメについて 2>

<アイナメについて 2>


アイナメは
上からの落ちてくるエサをよく見ています。

アイナメはすぐに合わせてしまうとかかりません。
一呼吸おいてあわせてみてください。

また、すっぽ抜けてしまっても、
食い意地がはっているので、
すぐにエサを戻してやると
食いついてくることもあります。

釣れない時は、
仕掛けをマメに替えてみてください.

アイナメは動く餌に反応します。
躍らせるよう工夫してみてください。

あたりがあったら、
おくりこむように合わせてみて下さい。

今日は、アイナメの食いが良かった様です。
水温が順調に下がっている為かと思います。

カレイばかりで…アイナメはしたことが無い…と言う
方でもぜひ、挑戦してみて下さい。

寒いですが、これからの時期は、
楽しいと思います(^^)v

船で食べる、カップヌードル。
美味しいですよね
常備しております^^

↓ポチッとよろしくニャ


アイナメ について (1)

孔明丸の12月の釣りものは、
根周り五目釣りをしています。

根周りの人気は、
何と言っても、引きの強い『アイナメ』です。

アイナメは、群れを作りません。
それぞれが気に入った穴を見つけて我が家とし、
普段は日がな一日、
その中でじっとしています。

出歩いて?エサを探し回るようなこともせず、
かなりの出不精です。


そんなアイナメですから、
根掛りは覚悟です。

天気に合わせて、海の状態に合わせて、
短い仕掛け、長い仕掛け、
シンプルな仕掛け、キラキラ仕掛けなど
使い分けをしてください。


産卵期は以前は10月~12月でしたが、
水温がなかなか下がらないので、
かなり遅くなっています。
メスは2年で、オスは一年で成熟するそうです。

1298183_4.jpg


☆--------- アイナメの生存競争  ---------☆


アイナメの卵はオスが守ります。

子育ての期間は卵が孵化するまでの
およそ1ヶ月です。

この時期、全く無防備な卵が
虎視眈々と狙われているのです。

ちょっとでも父親が油断しようものなら、
大切な卵が襲われます。

そして、襲っているのはあろうことか
他のアイナメたちなのです!

アイナメには仲間の卵を食べる習性があるのです。


父親自身以外はすべて敵です…。

そう、未成魚やメスや他の父親たちも
卵を狙っているのです。

卵を巡ってアイナメ同士が
壮絶なバトルを演じることもしばしばだそうです。

自然界の掟というのはいつも厳しいものです。^^;

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。